mekiki.gif

2009年02月28日

レーシック眼科で感染事故〜やはり起きた金儲け主義の弊害

いつかは起こると思っていましたが、ついに「ほとんど失敗しない」のが謳い文句のレーシック手術に、汚点が付いてしまいました。

しかも、レーシック手術そのものではなく、医療器具の滅菌処理の不備から感染事故を引き起こしたというお粗末さです。
レーシックは人気があり、医者にとって儲かるので、正直今がピークです。しかし利益を追求するあまり、機械の故障も放置して手術を続けるという、ありえない行動をとってしまった銀座眼科に、他のレーシック医院も襟を正すべきでしょう。(以下毎日新聞より引用)

東京都中央区保健所は25日、「銀座眼科」(中央区銀座6、溝口朝雄=ともお=医師)で、レーザーを使って近視を治す「レーシック手術」を受けた患者67人が角膜炎や結膜炎を発症したと発表した。手術に用いる医療器具の滅菌が不十分だったのが原因とみて調べている。

保健所によると、感染したのは、同眼科で2008年9月23日から今年1月17日までにレーシック手術を受けた639人のうち少なくとも67人で、1人は入院中。医療器具を高圧蒸気で滅菌する機械が故障し、消毒が不十分だったためとみられる。
レーシック手術を受けた患者が続けて角膜炎を発症したが、今年1月に滅菌する機械を交換した後は収まったので、同眼科は、患者や保健所には知らせていなかったという。今月、患者が治療に行った別の眼科医の通報で同保健所が立ち入り調査していた。

レーシック手術は、レーザーで角膜を削り光の屈折度を減らして近視を矯正する。短時間でできるため、人気が高い。保険は適用されない。日本眼内レンズ屈折手術学会によると、2008年1年間で国内で40万〜45万件が実施された。

posted by バイヤー at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | セラピー系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114923755
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック