mekiki.gif

2009年02月27日

女性の薄毛を自宅で治す方法〜佐野さんからの長い手紙

「外見は関係ないよ。問題は中身だ。」

とは言うものの、

本当に「外見は全く関係ない」と思っているかというと、恐らく本音は異なるでしょう。
大多数の人達は「薄毛だと抵抗感をもつ」と心の中で感じていると思うのです。

ヘアサロンも多様化しました。
若いうちは色んなヘアスタイルを楽しみます。

しかし、「髪はあって当たり前、これまで薄毛とは無縁だ」と思っていた人達が、いざ自らが髪を失ったとき、その人達は本当にショックを受けるのです。

自らに降りかかってきた「ハゲ、薄毛」という問題。
中には、これで人生終わりだ、と深刻に考えてしまう人もいます。

今まで「外見は全く関係ないよ」と軽率に他人に言っていても実際に本人が薄毛になってみると、「まさか、自分が?」と狼狽するのです。

「薄毛を馬鹿にする人は不幸な人。本当の魅力は中身だ。」

この言葉には建前が混ざった偽りの言葉に過ぎません。
外見で差別しない、というのは、あくまでも理性で感情を押さえ、相手に不快感を抱かせないためのモラルに過ぎないのです。

ご存知でしょうか?
日本以外のアジアの国、また欧米では、実力よりも外見を偏重して就職試験で採用を決めるケースもあります。。
学校を首席で卒業した優秀な男性、女性でも、「薄毛だから」「背が低いから」「美人でないから」というあからさまな差別を受けます。

中身で選ばれずに外見で判断され、中身で自分よりも劣る外見が良い人が就職試験にパスする、という信じられない蔑視をする日本の近隣諸国もあるのです。

決して作り話しではありません。
事実、こうした国も存在するのです。

生まれ持った顔は整形手術でもしないと変えられません。
身長も成人になったら著しく伸ばせる方法は存在しません。

では、薄毛はどうでしょうか・・・・?

髪が抜けてハゲになりはじめたら、もう手遅れ?
いいえ、これは昔の常識です。これは今では既に「非常識」になりつつあります。
「一度薄毛やハゲになったら治らない」というのはもはや迷信になりつつあるのです。

仮に50歳、60歳を過ぎていても、99%以上の確率(育毛の達人6000名以上のこれまでの検証比率)では、ある程度、外見が変わるくらい発毛する可能性は高いのです。

そう、すでに4年以上販売され評価を得ている発毛法があります。
なぜそれほど長期に渡って買い求められ続けているのか?


この発毛マニュアルが刊行されたのは2005年。
その後、さまざまな発毛マニュアルが登場しましたが、短期間で消えていくものも少なくありませんでした。

しかしこの発毛マニュアルは既に丸4年以上が経過した現在なお、売れ行きがとどまることを知りません。
なぜでしょうか・・・?

この発毛法を施行した方、実践中の方は既に約8000名様。
そのうち半年以上経過したなかで、実に「6000名以上」もの方は薄毛の悩みから解放されています。

そして毎日のようにお礼メールをいただきます。
サイトには掲載を承諾してくれた方からの写真やメールも載掲されています。

その一方で、薄毛を治すために育毛サロンで1千万円以上も使う人がいらっしゃいます。
育毛サロンレディー、毛髪診断士・・・。
企業が勝手に設定した、こうした言葉に惑わされがちですが、実際に働いている人達は付け焼刃の知識しか無い素人であることはご存知でしょうか?
そして何年もかかっても一向に発毛しない。ニュースでも、ときどき育毛サロンを告発するニュースが報道されます。

そんな中、なぜ「育毛の達人式 自宅発毛マニュアル」が多くの人から支持され続けているのか?

その答えは、サイトの中の「発毛された方からのお礼メールのほんの一部」というお客様の喜びの声からも伝わってきます。

また、ときどき頂くご質問。

「それほど画期的な方法なら、どうしてテレビで宣伝しないんですか?」

なるほど。でもちょっと考えてみて下さい。
テレビのCMという宣伝費用は想像する以上に巨額です。
数千万円、ときには有名タレントを使ったときには億の単位になることもあるのです。
つまり、テレビコマーシャルを打っている育毛サロンなどは、こうした巨額の宣伝費用分も回収しなければならないのです。

ですから、薄毛で悩む人がお店に支払う費用というのは、本来は育毛に必要ない宣伝の金額までも、負担しているということになるのです。
ひとり1千万円も費用が掛かるケースもあるという謎はこれで分るのではないでしょうか。
しかも、簡単に薄毛が治ってしまってもらっては経営がおぼつかなくなり、困ってしまいます。

ですから、時間をかけ、ゆっくりゆっくりと現状維持をしながらちょっとだけプラスアルファ、という施術を素人のヘアケアレディーが行っている・・・。
ここまでは想像の範囲ですが、個人的にはそれがより現実に近い事実ではないかと考えています。

確かに、知名度が高く広告をあちこちで見かける会社に大きな信頼と期待を寄せる気持ちは痛いほど分かるのです。
しかし現実を知り、初めて憤慨、落胆、失望している人がどんなに多いことか・・・。

こうした方々からも「何とか薄毛を治したいのです」という相談メールを、以前から多数頂いております。
そしてほとんどが半年〜1年で驚くような改善を果たしています。
サロン系とは全く異なり、拍子抜けするほど小額の費用で済んだことでも、感謝のメールをいただきます。

私は私自身が過去薄毛で苦労したという理由もあり、誰もが気軽に自宅でこの発毛法を行って手軽な費用だけで髪を取り戻してほしいという気持ちが強いのです。
ですから派手な宣伝をして、発毛法の本来の値段以上になるようなことをしてまで販売はしたくありません。
それが、マスメディアの広告を出さない理由です。

>>育毛の達人式・薄毛体質改善!自宅発毛法Ver1.7を詳しく見る

*この発毛法は日本国特許庁で著作権と存在証明を取得しており、内容も行政書士の方に管理してもらっているれっきとした書作物です。


posted by バイヤー at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | モテ女になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114901357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック