mekiki.gif

2008年12月04日

ミニノートパソコン、もしくはB5ノートパソコン、モーレツに欲しくなってきました!

IBM系のミニノートパソコンが、とうとう日本上陸ですね。

ビジネスユーザーに人気の「ThinkPad」シリーズで有名なレノボ・ジャパン(=IBMハード部門)が国内のネットブック市場に参入。
ミニノートPCは今年1月から急速に利用者が拡大、台湾、米国、国内の多くのメーカーがこの1年競合。
後発のレノボはユーザーニーズの高い5時間を超えるバッテリー駆動と160GBの HDDを搭載して、先行他社に対抗。

そのミニノート「IdeaPad S10e」は、Atom N270(1.60GHz)、メモリーは1GBを搭載。(スペックはネットブックの売れ筋モデルである日本エイサーの「Aspire one」に照準。)
液晶は一回り大きい10.1型ワイドだが、縦方向の解像度が24ドット少ない1024×576ドット。16:9の画面比率。ホワイト、ピンク、ブルーの3色のカラーバリエーションを用意。
価格は5万4800円。ホワイトを今週末の12月6日に発売。ピンクとブルーは早ければ1月にも発売。

本体のサイズは250(W)×196(D)×22〜36(H)mm、重さは1.38kg。
6セルのリチウムイオンバッテリーが付属し、5.3時間駆動。
Aspire oneよりも大きくて0.27kg重いが、バッテリー駆動時間の長さを重視したため。
軽量な3セルバッテリーはオプションで提供。OSは Windows XP Home Edition SP3を採用。(日経トレンディより抜粋)

しかしこういう年末の購買意欲が高まっているところへ、にくい戦略ですねー。
参った。まじでノートパソコン欲しくなってしまいました。(今持ってないので)
え〜い買います!買うぞ!!絶対買う!!!

しかし、悲しいことに資金も潤沢でないので、とりあえず、中古パソコンなども視野に入れて探してみようと思います。
正直、ミニノートまで行くと、画面が小さすぎて目が悪くなる!と直感的に思った。(笑)年ですかねぇ・・・

posted by バイヤー at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | メカ・パソコン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック