mekiki.gif

2008年11月18日

辛いものに関する豆知識で、鍋の席の人気者に?!

辛いものが恋しい季節。
唐辛子パワーで、ホカホカ新陳代謝!抵抗力を増して風邪を吹き飛ばしましょう!

ということで、夏には暑苦しくて食べられなかったキムチ鍋など、アツアツのお鍋なんかガンガン行きたいわけですが、ちょっとここでブレイク。

題して辛いもの雑学!

・辛味は温度によって感じ方が変わる。そしてその辛味は、実は味じゃなくて、痺れである!

そうなんです。あれは味覚神経が麻痺しているだけなんですね。だから、強烈に辛いもの食べて、「痛い!」というのは正解なのです。
ちなみに、10度以下、40度以上だと、辛味は弱く感じるようになります。辛痛くなったら、冷水かお湯でごまかせ!ってことです。

・ピザにタバスコをかけるのは日本人だけ。そして日本に初めてタバスコを輸入したのは、アントニオ猪木!

最初に総代理店の契約をしたんですね。すごいビジネスセンスです。(現在は違う会社に変わってます。)タイガーマスクとCMしたこともあるんですよ。
そしてピザのタバスコですが、イタリアではタバスコは食べ物に直接かけることは少なく、ソースの隠し味やカクテルのスパイスに使う程度らしいです。

・辛いものを食べると髪の毛に悪いという都市伝説はウソ!

辛いものを食べると、頭皮から汗が吹き出しますが、あれは血行促進の表れなので、頭皮にとってはいいことです。
その汗をかいた頭皮を放置して、汚れたままにしておくのがダメなんですね。ガンガン汗かいて、ガンガン洗えばOK!

今夜は辛鍋いっちゃいますかねー。

⇒チゲ鍋の素で味付けはOK!

posted by バイヤー at 15:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
料理・レシピの事なら『house cooking』!!料理サイト作りました〜是非見に来て下さい☆まだまだ未熟だけどこれからパワーアップしていきます!!wヨロシクです^^
Posted by 料理レシピ at 2008年11月18日 16:59
ワタシも腹筋運動は苦しいから苦手デス〜(^^ゞ。

辛いものって代謝が良くなるから、
コレもお腹の脂肪には良さそうですね〜〜(^O^)/。
今日は白菜、買って帰らなくちゃ!(笑)。
って、食べ過ぎたらいっしょだっつーの・・・(-_-;)。
Posted by こん at 2008年11月19日 09:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック