mekiki.gif

2008年11月08日

お肌と女性ホルモンの基礎知識(エストロゲン⇒ミロエステロール=プエラリア

20代の女性の肌が美しいのは、女性ホルモンが盛んに分泌されているからです。
女性ホルモン分泌のピークは20〜30代前半で40歳を過ぎた頃から急激に減少し始め、20代の約1/3の分泌量になってしまいます。
そのため、肌のハリが失われ、小じわや肌荒れが目立ってきます。

また、女性ホルモンのバランスが崩れると男性ホルモンが優勢となり、
その影響で、うぶ毛が濃くなったり、皮脂腺が活発になりニキビができたりします。

皮膚の表皮の下にある真皮は約70%がコラーゲンから構成されてます。
そのコラーゲンは、皮膚中の『繊維芽細胞(せんいがさいぼう)』から作られます。
新しいコラーゲンがどんどん作られる事でコラーゲン代謝が活発になり
保湿性・弾力性のある美しい肌になるのです。

女性ホルモンは、その『繊維芽細胞』を増やす働きがあるのです。
よって、厚くなったコラーゲン層に水分をしっかり保持することが出来るようになるため、お肌の潤いを保ったり、細胞の新陳代謝を高めて肌の生まれ変わりを促進し、お肌にハリをもたらしたりするのです。

女性ホルモンには『エストロゲン』と『プロゲステロン』の2種類があり、肌のハリ、髪の増量、ハリのあるバストなどは『エストロゲン』の働きに左右されます。

巷で人気のバストアップサプリ『プエラリア』には、このエストロゲンの働きに似た成分である『ミロエステロール』『デオキシミロエステロール』が含まれています。
これらの成分は、現在のところ『プエラリア』だけに確認されている為に、大変注目されているのです。

で、話は最初に戻りますが、購入者の「バストのハリが出てきた」という意見の次に多いのが、「お肌への効果」です。

「お肌の調子もよく、ほめられます。」
「お風呂上りのお肌が違ってきている気がします。」
「バストUP目的で飲んでいたが、お肌や体調も絶好調で、物凄く全身で実感!」

女性ホルモンには、女性を美しくするすべての要素が集中しているといっても過言ではないんですね。

⇒プエラリア

posted by バイヤー at 15:53 | Comment(4) | TrackBack(1) | 美容・コスメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。こんといいます。
トラックバックありがとうございました。

「お肌」ネタを書いたつもりはないのですが(爆)、
他の記事を読んで大笑い。
「マケインの負け因はここだ!」
どこやねん?と思わず突っ込みたくなってしまいました(笑)。

それに、大川栄策さんの本名・・・!
インパクトありすぎでしょう(爆)。

でもって決め手は、峰岸徹と岡田有希子の真相。
私も峰岸徹さんが亡くなったと聞いて真っ先に思い出したのはコレでした。
(トシがばれちゃいますね〜〜笑)
神田正輝云々の話もうんうん。
結末が分かってなんだかホッとしたような・・・(^。^)。

ざ〜っと読ませていただきました。楽しめました〜〜(^O^)/
ホントは個々にコメントしたかったのですが、
こうして一度に書いちゃいました(^^ゞ。
初めて伺うのに不躾でゴメンなさいね。(^_-)-☆

また是非オジャマしたいと思います。ではでは。
Posted by こん at 2008年11月09日 15:21
トラックバック
ありがとうございました!
私もさせていただきました〜
よろしくです♪
Posted by 凌華 at 2008年11月10日 12:28
>こんさん
コメントありがとうございます。TBうっかり2回してしまい申し訳ありませんでした。失敗したかと思い、2回目してしまいました。

またいらしてくださいね!

>凌華 様
こちらこそありがとうございました。
TBポチ!(笑)
Posted by バイヤー at 2008年11月11日 16:36
こんにちは〜。

トラックバックは承認制にしているので、
分かりづらくてゴメンナサイです〜<(_ _)>。
Posted by こん at 2008年11月14日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

彼とのコーヒーは特別♪
Excerpt: 【LC】のオリジナル・ラブコーヒー さらに深め合う、 心と時間は ラブ・ファーム・フレーバーで 香りで情愛を満たし、 味でカラダを躍らせる 大人のコーヒーです! ガ..
Weblog: 毎日楽しく!子供とお金と自分磨き
Tracked: 2008-11-10 12:27