mekiki.gif

2008年11月06日

クォーターパウンダー体験記、王様のブランチでも紹介されたその新ハンバーガーの正体とは?

クウォーターパウンダー食べました。渋谷の宮益坂を登ってちょっと右に入ったところにあります。(前は書店です。)
赤と黒の強烈なインパクトの店舗デザインが目を引きます。

しかし、店の前にくると、どこかで嗅いだことのある油の匂い・・・
「マ○ドナル○?」(笑)
と言いたくなるのをこらえてオーダーしました。

メニューは2種類のみ。
普通の(500円)と、ハンバーグが2枚入っているやつ(600円)。どちらもセットで、ポテトと飲み物が付きます。

クウォーターパウンダー

ではアグッといただきます!

クォーターパウンダー

めっちゃマック〜!(笑)


予想通りの展開で、ちょっと腹立たしささえ感じましたが、とりあえず違いをレポートします。
・ハンバーグ(パテ)がでかい。クオーターパウンダー(Quater Pounder)というくらいで、4分の1ポンドの大きなパテです。バンズからはみ出します。
・玉ねぎスライスがちょっとした清涼感を醸し出しています。
・チーズはデフォルトみたいです。いつものマックのチーズです。
う〜〜ん、それくらいかなー。わたしがわかったのは。

帰って調べましたがな。
アメリカでは73年から売り出されている定番メニュー。日本でも70年代に一度販売されたようだが、いつの間にか消え去っていたらしいです。
どうも、熊本あたりでテスト販売がされたようですが、晴れて正式なデビューということになったようですね。
表参道と、渋谷からのスタートです。

公式サイトでは、マクドナルドの名前を一切出していませんので、今回、日本で「別ブランド」として再出発をしたいということでしょう。

もう一回行くかと聞かれると、ちょっと微妙かも。。。(笑)

⇒叙々苑の焼肉バーガー

posted by バイヤー at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック