mekiki.gif

2008年09月06日

都内のパワースポットと気について。皇居、高尾山、御岳山、明治神宮・・・

パワースポットとは?

癒しの時代、パワースポット的な場所が見直されていますね。
パワースポットとは、その土地の自然のエネルギーが満ち溢れた場所のことです。マイナスイオンも多いと言われています。
大都市圏では、少なくなってきましたが、東京などでも実はいろいろあるんですよ。

例えば明治神宮。ここは大正時代に作られた(だって明治天皇を祀っているんですから)、かなり新しい神社ですが、原宿の裏(というか、原宿自体が明治神宮の門前町として栄えているのですから、裏と言っては失礼ですが)に広がる広大な森は、すごい癒しのパワーを感じますね。

風水的にも、都内で最高のパワースポットのひとつです。
ちなみにダントツの一番は皇居です。富士山から来ている気のエネルギーが、東京で一番噴出している場所が皇居なのです。
そのおかげで、東京が江戸以来、永く繁栄しているとさえ言われます。

話は戻りますが、都内のパワースポットはまだまだあります。
高尾山・御岳山〜秋川渓谷のような山岳部もすごい気に満ちた場所ですね。
要は、行って気分の良くなる場所が、あなたにとって相性のいいパワースポットです。
そういう場所、ありませんか?

そうそう、パワースポットにはなぜか神社仏閣があることが多いですよね。あれは、神社があるからパワースポットになったのではなく、昔の人が「気」を感じて、パワーのある場所に神社を建てたのです。

また、蛇足ですけど「イヤシロチ」と「ケカレチ」ってご存知ですか?
風水でいう、いい場所と悪い場所なんですが、「イヤシロチ」はそのまま「癒しの地」と解釈してください。つまりパワースポットです。
そして「ケカレチ」。これを漢字で書くと「気枯れ地」です。
そう、気が枯れてしまった場所なんです。
「ここ、なんだか居心地が悪いなー」と思ったら、ケカレチである可能性が高いんですよ。人間の本能はかなり埋没してしまいましたが、そういうことを「何となく感じる力」は残っているのです。

普段の生活で、現代人は疲れています。
そんなときは、自然のパワー=気をもらいに、パワースポットへ行ってみてはいかがですか?近くの神社や公園でも、遠くの山でもいいんですよー。
これは流行の、というよりは、21世紀全体のキーワードというか、テーマかもしれませんね。

posted by バイヤー at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 癒し系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パワースポットで元気になりました☆
Excerpt: Realhoney エステティシャン セラピストの康代です 本日から11月 昨日は10月最後の日ハロウィンでしたね 日本人って 何でも散りいれる柔軟性があるのとお祭り好きなんだなぁっていつ..
Weblog: ココロとカラダのセラピスト
Tracked: 2008-11-03 10:52